家を建てる

家を建てたいときにまずやること3選!

あなたはこのようなことでお悩みではないでしょうか?

  • マイホームを建てる予定だが、何から始めればいいのかわからない
  • 家づくりの進め方や流れを知りたい
  • 予算の出し方を知りたい

マイホームを建てるなら、自由に設計ができ、理想を実現できる注文住宅にしたいと考える人は多いでしょう。

けれど、初めての家づくりで何から手をつけていいからわからない…と悩まされることが大半です。

基本的に、どのエリアに住みたいか(土地探し)・予算はどのくらいか・希望の間取りはあるのか、この3つを抑えておけば進めやすくなります。

一生に一度きりの大きな買い物。失敗したくないですよね。

長い年月をかけてローンを支払っていくのですから、後悔したくないと思うのは当然です。

今回は、家を建てたいと考えた時に最初にやるべきこと3選を紹介していきます。

①住宅ローン+自己資金で固める

家を建てるときに、1番先にやるべきことは「資金計画」を立てることです。

ほとんどの人住宅ローンを利用することになると思いますが、住宅ローンの借入額と自己資金を合わせた総予算を出して下さい。

自己資金は頭金として使うため、住宅購入代金の1〜2割程度を目安に用意しましょう。

頭金が多ければ、住宅ローンの借入額を減らすことができますが、それぞれの事情や考え方によって違うため、夫婦できちんと話し合って下さい。

そして住宅ローン。長期間返済していくものなので、無理のない返済計画を立てることが重要です。

将来のライフイベントや子どもの成長など、先々を見据えた返済計画を立てましょう。

ポイントは身の丈にあった家づくりをすること。

せっかくマイホームを手に入れたのに、日々お金に追われた生活をするのは辛いですよね。

自分たちに合った資金計画を立てて、充実したマイホーム生活が送れるようにしましょう。

②家の間取りを考える

家づくりの中で楽しい工程になるのが、間取りを考えること。

こんなキッチンにしたい、リビングは広くしたいなど、家族みんなのこだわりや希望がたくさん出てくるはずです。

どんな家に住みたいのか、譲れないポイントは何なのか、家族でしっかりと話し合い、優先順位を決めておきましょう。

また、現在だけでなく将来のことまで考える必要があります。

よくある失敗が、「子どもが増えてスペースが足りなくなった」「バリアフリーを考えていなかったので老後が住みづらい」などがあります。

間取りを考えるときは、生活動線を中心に考えましょう。

イメージが湧かないときは、モデルハウスを見学してみると、ヒントがもらえるかもしれません。専門家のアドバイスを参考にするのもいいでしょう。

③アットホームなどで希望する土地の場所の相場を掴む

家づくりを始めるなら、まずは土地を探すことからです。

すぐに不動産会社に行くのではなく、アットホームなどインターネットで大体の土地価格の相場を掴むことをおすすめします。

知識もないままいきなり不動産会社へ行くと、営業マンの言われたままになってしまうので、気をつけて下さい。

住みたいエリア・大体の予算が決まれば、不動産会社やハウスメーカーに希望条件を伝え、土地探しをお願いしましょう。

家づくりで時間と体力を大きく使うのが土地探しです。

土地探しで2〜3年かかったという人は大勢います。理想の土地には簡単に出会えないのが現実なのです。

土地探しが長引かないために、期間を決めて土地探しをスタートさせるといいでしょう。

まとめ

家づくりは1つ1つの工程に時間がかかります。

マイホーム計画を立てて、完成するまでの平均の期間は14ヶ月程になります。

不動産会社やハウスメーカー、銀行など色んな人との打ち合わせがあったり、建築する上で費用の調整をしたりと、やることが多いのです。

そろそろマイホームが欲しいな、と思ったときから行動したほうがいいでしょう。

もし、対面せず自分なりに家づくりのイメージをすることから始めたいという人は「タウンライフ家づくり」というサービスを利用する方法があります。

土地探しを依頼できるのと同時に希望の間取りプランも作成してくれる無料のサービスになっています。

インターネット上から

  1. 希望エリアの土地探し
  2. 間取りプランの作成
  3. 資金計画書の作成

を複数の会社に一括請求できます。

担当者に合わず、複数の会社のプランを比較検討ができるのでおすすめです。

家づくりを何から初めていいからわからないと悩んでいるなら、「タウンライフ家づくり」からまずは資料を取り寄せてみてはいかがでしょうか?

簡単3分で依頼完了!
手軽に無料で希望の間取り図を手に入れる方はコチラ↓